愛媛県松山市 法人設立・障害福祉事業・各種許認可・助成金・公的融資申請のことなら【 こころざし行政書士事務所】

業務の流れ

ご依頼の受け方としては、以下のような流れになります。

1.ご連絡、お問い合わせを頂く

 メール、FAX、電話にてご依頼内容をご連絡ください。
 日中は動いていることが多いので、メールまたは携帯電話が最短で確認することができます。

2.面会、詳細のお伺い

 最初のお問い合わせから1週間以内にお会いしてお話を伺うように致します。
 また、大まかな手続の流れや想定される処理期間、諸経費等もご説明いたします。
 急ぎの案件の場合は、夜間等でも対応できます。

3.お見積書の提出

 お伺いして後、お見積書をお送りいたします。
 メールアドレスかFAX番号を頂くと、ほぼ即日お送りすることができます。

4.正式依頼発注

 私どもの説明とお見積額にご納得いただけた場合、正式にご依頼を頂きます。
 このとき、必要に応じて、委任状その他の書類をご用意いただきます。

5.着手金等の支払

 私どもでは、原則、全額前払い(報酬+諸経費)で業務をお受けしております。
 ただし、ご都合によっては半払い(報酬の半分+諸経費)も考慮いたしますので、ご相談ください。
 お支払いただいた後に、業務を開始します。お急ぎの場合は、なるべく早くお支払いください。

  振込先口座
  伊予銀行 山越支店 1008031 サノトオル
  ゆうちょ銀行 記号番号16160−06148301 サノトオル

 お客様のご都合でキャンセルされた場合は総報酬の50%及び諸経費の残金
 私どもの都合でキャンセルしました場合は、既納の全額をお返しいたします。

6.要件の詳細調査

 許認可等の場合は、許可要件の詳細を調査する必要があります。
 着手後、まずは要件の調査とお問い合わせを行います。
 この時点ですぐには要件を満たせないという状況の場合、キャンセルされるかどうかの判断をお願いします。
 その場合、着手料として10,500円と実費を頂戴し、残金をご返金いたします。
 ただし、私どもではできる限り、要件をクリアする方法を模索いたします。

7.書類作成

 詳細調査後、問題ないと確認できた場合、書類の作成を行います。
 書類の作成等は逐次、メールかFAXにてご連絡いたします。

8.提出書類の説明

 官公署への書類提出の前に、書類の内容についてご説明を行います。
 ご依頼に応じてその後、書類の提出代行を行います。

9.お預かり書類等返却

 提出完了後、お預かりしていた書類等を返却いたします。
 内容によっては補正の指示があることもありますので、廃棄はなさらないでください。

10.アフターケア

 その後、ご要望に応じてアフターケアを行います。
 また、司法書士等に引き継ぎが必要な場合はご紹介も行います。

ご注意頂きたい点!

 行政書士の業務は、原則として書類の作成代行です。
 ですから、提出した申請が必ず許可されるという保証はいたしかねます。
 もちろん報酬を頂く以上、万全を期すように仕事を行いますが、その点はご留意ください。
 また、他士業にも独占分野(司法書士、税理士、社会保険労務士…)がございます。
 その区分を超えて行政書士が業務を行うことは違法となりますので、その点についてもご了承ください。

この他、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る

次のページへ

お問い合わせはこちらから